ケシミン メラノCc デリケートゾーン 黒ずみ

「このデリケートゾンの黒ずみ、なんとかならないかしら?」
デリケートゾーンの黒ずみが気になってきたあなたはなにか対策をを考え出しているかもしれません。
そこで思いつくのは
「どこのドラッグストアでも売ってるケシミンクリームやメラノCCなんてどうかしら?
 黒ずみの原因のメラニン色素はみんな同じなんだから」

みたいなことはないですか?

【結論】ケシミンクリームもメラノCCもデリケートゾーン(Vio)の黒ずみ対策にはパワー不足

ケシミン メラノCC デリケートゾーン 黒ずみ 効果なし
ケシミンクリームは12g入りで1,580円
メラノCCは20ml入りで1,124円

それに比べてデリケートゾーンの黒ずみ対策用で有名な「イサビクリーム」は35g入りでなんと6,759円もします。
『6,759円!』
と驚くかもしれませんが、それは少し違います。
ケシミンとグラム換算で比較してみると
ケシミン 131円/g
イビサクリーム 193円/g
1g当たりだと45%高いことになります。

ただ定期コースだと39%割引になるので。その差はグッと縮まります。なります。

ですので、割高は割高ですが何倍もというわけではありません。
それほど大きな価格差はありません。
なにしろデリケートゾーンの黒ずみ改善にはとにかく時間がかかります。
根気強く塗り続けないといけないのです。
ですので少量ずつ販売されている「ケシミン」「メラノCC]はなんどもお店に買いに行かなければなアならないのです。、
さらに、デリケートゾーンの黒ずみを治したければやっぱりデリケートゾーンの黒ずみ専用クリームをおすすめします。
それは「ケhシミン」や「メラノCC]はやっぱりパワー不足なんです。

ケシミンもメラノCCも市販のシミ・そばかす用の美白クリームです。
特に「ケシミン」はそのネーミングのうまさから、いかにもシミを消してくれそうなイメージがあります。
でも、実際はそんなに強力な成分が配合されているわけではありません。
所詮、市販の美白クリームは市販レベルなのです。
本気でシミやそばかすをないしたいのなら皮膚科に行って処方してもらうのが一番です。

【ケシミンとメラノCCを専門家が解説】

ケシミンやメラノCCはシミやそばかすを治療するというより予防するためといえます。
ですからデリケートゾーンの黒ずみ解消にケシミンやメラノCCはパワー不足と言えるのではないでしょうか。

デリケートゾーンの黒ずみのクリームなら「ケシミン」「メラノCC」より皮膚科でこれを処方してもらえば?

デリケートゾーン 黒ずみ 皮膚科

どうしてもどこの薬局でも簡単に買える市販の製品と医師が処方するお薬とではその効果に大きな差があります。

例えば、皮膚科で処方してもらえる美白効果の高いお薬に「ハイドロキノン」というお薬があります。
これはかなり強力な黒ずみ対策用のお薬です。
もし本気でデリケートゾーンの黒ずみを改善したいのなら皮膚科(美容皮膚科)を受診することが早道ではあります。


皮膚科の医師の処方するデリケートゾーンの黒ずみ改善のお薬の場合、市販のものよりより効果の高い成分やより濃い配合ができるのです。

皮膚科に行くのが恥ずかしいのならデリケートゾーンの黒ずみ専用クリームがおすすめ

皮膚科 女医

とはいえ、皮膚科にまでいくほどではない
しかし、黒ずみは気になって仕方がない
そんな女性が藁にもすがる思いで「ケシミン」や「メラノCC」などの市販のシミ対策用クリームを買って、デリケートゾーンの黒ずみ改善をきたいしているのでしょう、
しかし、断然デリケートゾーンの黒ずみにはやはり専用クリームをおすすめします。

ネットからなら誰にもバレませんし、メーカー側もそれに配慮した配送をしてくれます、