イビサクリーム 成


「イビサクリームがデリケートゾーンに効くらしい?」
あそこの黒ずみが気になってきているあなたには聞き捨てられない話です。
でも
「どうしてイビサクリームがデリケートゾンの黒すみに効果があるの?」
と疑問に思うはずです。
イビサクリームがアソコの黒ずみに効く理由は
イビサクリームの成分にがこんな有効な成分が配合されている
からなんです。

イビサクリームの成分①トラネキサム酸

イビサクリームの成分 トラネキサム酸
まずイビサクリームの有効成分で特筆すべきはこの「トラネキサム酸」だと思います。
トラネキサム酸は美白効果が高く、多くの化粧品にも配合されています。

皮膚科医がトラネキサム酸を解説

トラネキサム酸は資生堂をはじめ多くの美白化粧品に配合されている成分なんです。
顔に現れる黒ずみ(肝斑など)もデリけーどそーんの黒ずみも発生sるメカニズムは同じです。
でもお顔の化粧品をデリケートゾーンの黒ずみ対策にジャブジャブ使うわけににもいきませんしね・・・

参考:厚生労働省 トラネキサム酸。ただし、しみ(肝斑に限る。)

イビザクリームの成分②グリチルリチン酸2K

イビザクリームの成分②グリチルリチン酸

グリチルリチン酸2Kのデリケートゾーンへの効果

「グリチルリチン酸2Kは「甘草(カンゾウ)」という植物の根から得られる成分を水に溶けやすく加工したものなのです。
この甘草は昔から健康維持のために役立てられてきたので「甘草」という名前は聞いたことがあると思います。
グリチルリチン酸ジカリウムの効果
消炎作用で肌あれを予防する
ことです。
デリケートゾーンの黒ずみの大きな原因もひとつに下着の摩擦による炎症があります。
下着の擦れでお股の付け根付近が炎症を起こすのです。
また、VIO脱毛した時にもよく炎症が起こってしまいます。

そんな炎症による肌られの予防にグリチルリチン酸2Kも有効です。

参考:厚生労働省「グリチルリチン酸等を含有する医薬品の取扱いについて」

イビザクリームの成分③党参抽出物加水分解液

イビザクリームの成分 党参抽出物加水分解液


党参(とうじん)とは、キキョウ科ツルニンジン属ヒカゲノツルニンジンの根のことです。
漢方では有名なお薬で内臓機能を上げ、活力を高めるといった作用を期待されていて、強壮薬としても有名です。
この党参から抽出した成分を加水分解させた液が党参抽出物加水分解液です。
美白剤として医薬部外品のみに使用が制限されている成分です。

参考:ポーラ化粧品「、『党参抽出物加水分解液』に核の変形を抑制する効果を持つことを発見」

イビザクリームの成分④カモミラエキス

イビザクリームの成分④カモミラエキス

カモミラはキク科植物ジャーマンカモミール(学名:Matricaria recutita = Matricaria chamomilla 和名:カミツレ)の花からスクワランで抽出して得られる抽出物(植物エキス)です。
このカミミラETは1998年に日焼けによるシミ、そばかすを防ぐ医薬部外品主剤(美白有効成分)として承認されました。
それ以降美白用化粧品によく配合されている成分です。

イビザクリームの成分⑤アルピニアカツマダイ種子エキス

イビザクリームの成分⑤アルピニアカツマダイ種子エキス

アルピニアカツマダイの種子から得られた医薬部外品専用の抽出エキスです。
メラニンブレーキ<PLD1シグナル>を活性化することにより、美白効果が期待できます。
メラニン細胞におけるメラニンの生成には、PLD1シグナルというブレーキシステムがあることが発見されました。
アルピニアカツマダイ種子エキスにはこのメラニンブレーキシステムであるPLD1シグナルを活性化させて強い美白作用が期待されます。
これが黒ずみの原因であるメラニンの過剰分泌をふせぎ、肌の黒ずみを抑えます。
植物性のため、お肌が弱い方でも安心して使用できる美白成分です。

イビザクリームの成分⑥サクラ葉抽出液

イビザクリームの成分 サクラ葉抽出液

サクラ葉抽出液はソメイヨシノの葉から得られたエキスです。
紫外線などによる肌へのストレスをリセットさせてくれる効果があるとされています。

イビザクリームの成分⑦ウメ果実エキス

イビザクリームの成分 ウメ果実エキス

ウメ果実エキス(プラムエキス)は、お肌の糖化のプロセスに働きかけ、明るく、弾力のあるお肌へと導いてくれる成分です。
このお肌の糖化とは、身体の中でタンパク質と糖が結びついてタンパク質が変性、劣化してAGEs(糖化最終生成物)という名の老化物質を生成する反応をいいます。
糖化を防ぐために大切なのは、糖の摂取をやめて糖化そのものを起こらないようにすることではなく、糖化させない身体をつくることです。
これを抗糖化といいます。
ウメ果実エキスには、抗糖化作用のある成分です。
タンパク質と糖が反応されるのを阻害するとともに(架橋反応阻害、AGEs形成抑制)作られたAGEsを分解する効果(AGEs分解促進)があります。

イビザクリームの成分⑧大豆エキス

イビザクリームの成分 大豆エキス

名前のとおり大豆の種子から抽出して得られるエキスです。
この大豆エキスはオーガニック化粧品として最近注目されています。
大豆エキスには下記の効果があるいとされています。
このようにたくさんの商品がオーガニック化粧品として販売されています。

この大豆エキスには下記の効果が期待されます。
抗炎症、抗刺激
 [ヒアルロニダーゼ阻害]
・抗シワ、抗老化・アンチエイジング
 [エストロゲン様]
抗ニキビ・抗アクネ、毛穴ケア
 [タンパク凝集・収斂、アンドロゲン受容体結合阻害]
育毛・養毛、脱毛防止、ヘアケア
 [VEGF産生促進]
保湿、バリア機能改善・セラミド合成促進、乾燥肌対策
 [β-グルコセレブロシダーゼ活性化]

イビザクリームの成分⑨9種の保湿うるおい成分

この他にもイビサクリームは他にも9種の保湿うるおい成分が贅沢に配合されています。

さらに詳しくは公式サイトより確認してみてください。
参考:▶イサビクリーム